Columns‎ > ‎

[楽器企画]STEINBERGER GM 1TA

さて今回のギターは今は(ほとんど)亡き、スタインバーガーのギターです。
スタインバーガーというとみなさんが知ってる所では弁当箱型のGLシリーズの方が有名ですね。モト冬樹とかが使ってるやつ。
あっちの方が高くて機能的にもスタインバーガーらしいし、コンセプトもそうなんだけど。あえてギターらしい格好をしたGMシリーズが欲しかったんです。この当時は”誰も使ってないギター”に固執しており、となるとスタインバーガーしかなかったんです。
つーかもともとの値段が高いんで普通は買えないって話しなんだけど・・・
GMシリーズはボディが木というだけあって比較的安く20万後半から30万半ばぐらいの値段で発売されてました。(ちなみにGLシリーズだと当時40万を超えてました)
たまたまいつも行く楽器屋に中古で12万で置いてありました(たしか定価は26,7万のはず)
で、一時期はずっとこのギターを使ってました。
気に入ってる点はやはりネックが丈夫なところ。若かりし頃ギター回しに失敗して遠くに投げちゃった時も大丈夫でした(笑)
それにコンパクトなところですね(でも決して軽くない・・・普通のギターより重い)
気に入らないところは硬いボディ&硬いネックのおかげでサスティンがあるはずなんだけど、私が下手くそなせいであまりサスティンありません(汗)
あとこれは1ピックアップのやつなんですけど、やっぱ一つは辛いです。ちなみに型番の最後にAがついてるものはアクティブイコライザーが付いてます。
あとスタインバーガーというとトランストレムなんですが、これはアームをあげたり下げた状態でロックしても6弦の音が平行して変化するんです。あまり使う ことはありませんでしたけど、新曲を作ってキーを合わせてる時とか、フレーズによっては臨機応変に違うキーで弾けなかった時に使いました。
それとダブルボールエンドの弦を使ってるので弦の交換作業が早く、しかもチューニングも素早くでき、さらに狂いにくい。
機能としては抜群のギターです。
今でも気分転換や、ちょっとというときや、友人の結婚式の2次会(笑)や、あまりこだわらないセッションに持っていきます。
そういやTV出たときのギターもこれだったなぁ。懐かしい。
STEINBETRGER GM 1TA
指版&ネック:スタインバーガーブレンド グラファイト
ボディ:ハードメイプル(のはず)
ピックアップ:EMG 85(昔はHだと思ってた)
Nasa