Columns‎ > ‎

[楽器企画]フェンダージャパン、ストラトキャスター

今回紹介しますのは、僕が高校の時に買ったギターです。
フェンダージャパンのストラトキャスターなんですが
見ての通り、リアPUはハムバッキングです(^_^;)
しかも、ミディアムスケールでネックもちょっと細目という
かなり個性的なギターです。
そうそう、このギターのブリッジの裏側なのですが
普通に後ろから通して弦を張ることも出来るのですが
六角ナットで固定できるようにもなってます。
音が狂わないということはないですが、結構狂いにくいです。
これって、フェンダーのシリーズの中でもかなり特殊なギターだと思いますが、今でもあるのかなぁ。
フロントとミドルのPUは、交換していないのですが、リアPUはディマジオです。(型番とか忘れた~)
もう一つのギターにつけてたのですが、音の伸びがイマイチだったので交換しましたが、こっちのギターにつけました。
それと、サーキットも改造してまして
ボリュームの上あたりにトグルスイッチがついてるのですが、これはボリュームのON/OFFスイッチです。
なぜつけたかというと、MCの時などにすぐにOFFできるようにとか、連続でカチカチやることで『カッカッカッカッ』って感じの音を出したりします(レスポールでやる人がいますよね)
あと、今はやめてしまいましたが、ボリュームダイヤルがポッドスイッチになってました。
これは、フェイズアウトのスイッチだったのですが、ノイズが結構大きくなってきたので、普通のに変えてしまいました~
それと、見た目ですが(^_^;)
デカデカと貼ってあるすかんちの写真は、最初はエフェクターケースに貼ってたものなんですが、たまたまギターの方に貼ってみたらはがれなくなってしまったものです(笑)
その後、いろんなステッカーやバンドエイドを貼ってしまって
すっかりバカギターとなってしまいました。
1弦のテンションがおかしくなってしまって、今では遊びでしかつかってないんですが、昔はメインのギターとして何度もライヴで活躍してくれました。
satoshi